ファイアーエムブレム風花雪月

乙女ゲーマーによる『ファイアーエムブレム風花雪月』プレイ日記 #5

  • ファイアーエムブレムシリーズは未プレイ
  • ストラテジーものは好きだが脳みそが足りないので脳筋プレイ
  • 乙女ゲーマーなので男性キャラに対する言及が多いかも
  • 遠慮せずネタバレしていく

前回までのあらすじ
ディミトリくんも、いつか攻略(恋愛的な意味で)させてほしいナ。。。

このプレイ日記も5日目です。
今回はとうとうファイアーエムブレム風花雪月がはじまっちまったなという鬱内容なので、最初に今日のディミトリくんのコーナーです。

えっ肘つくの…キュン…
しぐさが雄々しくて端正な金髪とのギャップ…キュン…

前々回で初の人殺しに専用ボイスがあることにドン引きしていたけれども、それすら生ぬるい物語が始まるのであった…。

詳細は省きますが、アッシュの身寄りであるロナート卿を討たねばならなくなります。
ロナート卿は実の息子の汚名をすすぐべく蜂起したのですが、なぜそこまで追い詰められてしまったのかアッシュは皆目つかず、至らなかった自分を責めます。



制作陣の思惑とは異なってさすがに人の良心があるので、私自身(主人公)でとどめをさしました…。

悲しすぎるでしょ…。
アッシュにはロナート卿側につくべきかこちら側で戦うべきか、迷っている間に有無を言わせず戦いがはじまって、殺さざるをえなかったんだよな…。リアルだな…。



(弱弱しく、「なあ…」と言われると不謹慎ながらときめかざるをえないんだが…)

仲間たちにも大きな傷を残して、この戦いは終わる。
いやなにがやべーってこれだよ。

レア様、OPの地点でまともな人間ではないことは周知の事実なのですが、普段の穏やかさとは一転した狂気。
このゲーム、誰も信じられないよ~~~~~~~!!!!!!!

5日目報告了!

ABOUT ME
ぽぽたん
ぽぽたん
ゲームと猫が好きなオタクです。大好きな乙女ゲームのレビューやおすすめの作品を書いていきたい。これまでの人生をオタクとして過ごし、これからもオタクとして幸せに生きたい。